火狩りの王 春ノ火〈一〉

登場人物

灯子(とうこ) 灯子(とうこ)
11歳の少女。自分をかばって命を落とした火狩りの形見を家族に届けるため、首都へ向かう。
「……火狩りさまが死になさったのは、
わたしのせいじゃから」
煌四(こうし) 煌四(こうし)
首都に暮らす15歳の学生。油百七(ゆおしち)の元で、雷火(らいか)の極秘研究を行うことになる。火狩りを父に持つ。
「……ぼくがしっかりしないと。
緋名子(ひなこ)だって、あんなにがんばっているのに」
かなた かなた
灯子が出会った火狩りが連れていた狩り犬。火狩りと共に行動し戦う。
おん!
綺羅(きら) 綺羅(きら)
燠火家(おきびけ)の一人娘。美しく聡明。
「わたし、ほんとうのところ、すこしさびしかったの。
きょうだいができたみたいで、うれしい」
照三(しょうぞう) 照三(しょうぞう)
回収車(かいしゅうしゃ)の乗員で、灯子の仕事の世話をする。飄々(ひょうひょう)とした性格。
「チビすけ、仕事だぞ」
火穂(かほ) 火穂(かほ)
村に異変が起き、厄払いに出された花嫁。回収車で灯子と出会う。
「じゃあ、あたし、あんたと行く」
ほたる ほたる
回収車に乗っていた厄払いの花嫁。陶物(すえもの)の村出身。おっとりと控えめ。
「あんたたちに会えたことが、わたしの幸せよ」
紅緒(べにお) 紅緒(べにお)
厄払いの花嫁。竹細工の村出身。きっぷの良い性格。
「なにもせんとおったら、気が狂いそうじゃ」
明楽(あきら) 明楽(あきら)
流れ者の女火狩り。困難を超えていく明るさと力量の持ち主。
「首都を目指すんなら、手伝わせてもらえない?」
油百七(ゆおしち)
燠火家(おきびけ)の当主で、偽肉(ぎにく)工場の経営者。煌四に雷火の武器開発をさせる。
「――この国の統治体制は、おそらく、もう長くはもつまい」
緋名子(ひなこ)
煌四の妹。胎児性汚染(たいじせいおせん)により生まれつき病弱。
「お父さんは……?」
火華(ひばな)
油百七の妻。年齢不詳の妖艶(ようえん)な夫人。貧民区の出身。
「どうだか。甘く考えるのはおよしなさいな。」
炉六(ろろく)
島出身の火狩り。謎めいているが凄腕(すごうで)のアウトロー。
「森へ、連れて行ってやろう」
クン
蜘蛛(くも)〉の子ども。森に捨てられていた。
「虫が生まれたんだ。燃えない体にする虫が……」

▲トップへ戻る▲