火狩りの王 春ノ火〈一〉

あらすじ

人類最終戦争後の世界。大地は炎魔(えんま)闊歩(かっぽ)する黒い森におおわれ、
人々は結界に守られた土地で細々と暮らしていた。
最終戦争前に開発・使用された人体発火病原体(じんたいはっかびょうげんたい)によって、
この時代の人間は、(そば)で天然の火が燃焼すると、
内側から発火して燃え上がってしまう。
この世界で人が安全に使用できる唯一の〈火〉は、森に()む炎魔から採れる。
火を狩ることを生業(なりわい)とする火狩りたちの間で、あるうわさがささやかれていた。
「最終戦争前に打ち上げられ、永らく虚空(こくう)彷徨(さまよ)っていた
人工の星、〈()るる()〉が、帰ってくる――」と。
千年彗星(せんねんすいせい)()るる()〉を狩った火狩(ひか)りは、火狩りの王と呼ばれるだろう”
紙漉(かみす)きの村に生まれ、禁じられた森に入って
炎魔に襲われたところを、火狩りに助けられた灯子(とうこ)
首都に生まれ、母を工場毒で失い、幼い妹を抱えた煌四(こうし)
燠火(おきび)の家”に身を寄せることを決意する。
灯子と煌四、二人の生き様が交差するとき、あらたな運命が動きだす――

火狩(ひか)りとは

三日月形の鎌を持ち、黒い森にすむ炎魔(えんま)落獣(らくじゅう)を狩ることを生業(なりわい)とする者。
炎魔・落獣の体から採取する黄金色の液体は、
人が安全にあつかえる
唯一のエネルギー源であり、生活には欠かせない。

▲トップへ戻る▲